ダイエットでスリムに!簡単・効果的ダイエット

増える体重のメカニズム

増える体重のメカニズムについてです。体重を量るのが怖くて、避けていたら体重が増えてしまっていたという経験はありませんか。

 

体重が増えるきっかけは、長期の休み中にいつもと違う食生活をしていたり、旅行やイベントなどで高カロリーの食事をすることなどです。

 

体重を測りたくないと思うようになるのも無理はありません。

 

体重が増える理由として主なものは、カロリー過多な食事をしていたり、運動をする機会がほとんどない生活をしていることなどが考えられます。

 

体重を減らすには生活や食事を変えることが大事だといいます。そのためには、まずどう変えればいいか、体重が増える仕組みを考えながら決めましょう。

 

体重が増える仕組みとは、つきつめていえば、使うカロリーが摂取するカロリーより少ないことが原因です。摂取エネルギーというのは、食事やおやつ、飲み物などです。

 

消費エネルギーというのは人間が生きていくうえで最低限必要なエネルギーである基礎代謝です。

 

生活活動代謝は日頃の活動で消費するエネルギーで、スポーツなどで使うカロリーも含みます。

 

基礎代謝には、食事誘導性熱産生という摂取したものを消化するカロリーも含みます。この食べ物を食べたから太る、というわけではないといわれています。

 

摂取エネルギーが消費エネルギーよりも多い事が続くと体重が増える可能性が高くなるのです。

増える体重のメカニズム関連ページ

増える体重と生理
増える体重を抑えるには
 
イチオシ情報 リンク集 運営者 お問い合わせ